注文住宅で依頼する

施工の費用を知る

おしゃれな空間

三栄建築設計では、注文住宅と分譲住宅のどちらも購入することが可能となっていますが、自分の理想を叶えたいのであれば注文住宅を選ぶのが良いでしょう。分譲住宅に比べると少し価格は高くなってしまいますが、その後の長い生活を考えるのであれば価格だけにとらわれないことも大切です。注文住宅の場合、敷地面積や施工の難しさ、利用する建材などによって住宅価格は大きく変わっていきます。特に注文住宅は、設計の段階から自分の意見を活かすことができるので、施工のトータル費用の中でもデザイン料はかなりの割合を占めると言われています。三栄建築設計のみならず、多くの注文住宅設計会社ではデザイン料が施工トータル費用の30パーセントから35パーセントを占めると言われているので、できるだけコストダウンを目指したいのであればデザインに力を入れ過ぎないのも1つのポイントです。

全て一から行なう

注文住宅の場合、分譲住宅とは違い、土地購入から全て自分で選んで購入していく必要があります。家に対してこだわりが強ければ強いほど、土地購入選びから困難を示す場合が多いので、できるだけ早めに情報収集を始めることが大切です。三栄建築設計で注文住宅を購入する場合も、ある程度家の構想を練ってから依頼するのが良いでしょう。住むエリアや敷地面積によって住宅で生み出せる環境も変わってくるので家族としっかり話し合いながらコンセプトを明確にしていくことが大切です。それに加えて決めておきたいのが予算で、長い将来の住宅ローンなどを考えるのであればしっかり定めておきたいポイントといえます。三栄建築設計に依頼するときには、予算内で収めてもらう為にも、あらかじめ予算を伝えておくのも1つの方法です。分譲住宅とは違って、注文住宅では自分の意見を尊重してくれるメリットがありますが、スムーズに建設を進めていく為にもある程度の情報収集やコンセプトの明確化は重要と言えるでしょう。